2016年01月05日

アラヤ接骨院 「接骨院のかかり方〜おためし施術体験〜」

IMG_1158.JPG

今回の報告はおおまち商店街にあるアラヤ接骨院で行われた「接骨院のかかり方〜おためし施術体験〜」です。
アラヤさんは、大阪で勉強して故郷の白山市で開業された接骨院です。奥様とも大阪で知り合ったとか・・・。千代尼通りのまちゼミには初めての参加となります。

10月25日(日)、11月1日(日)、11月8日(日)の3回行われました。初回は応募者が少なかったようですが、回を重ねるごと参加者も増えていき最終回は盛況でした。
普段の仕事には影響の無いよう、本来休みの日曜日に行われました。素晴らしいです!

IMG_1159.JPG

私もそうですが、接骨院に一度も行ったことがない人も多いはず、骨折だけ直すところでもないことをいってほしいとのこと、ちゃんと健康保険も適用です。

実際ほとんどの参加者が接骨院に行ったことのない人がほとんどで、講師の新谷さんもマンツーマンで親切丁寧に接していました。きっと参加者の方は接骨院のイメージが変わったと思います。

                                     記事 田中伸治

アラヤ接骨院 (院長 新谷 圭介)
白山市四日市町8−1
TEL 076-227-9416




posted by しんたくん at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年12月31日

砂糖を使わない、麹あまざけの甘みを体験しよう!!

11月5日(木)は高砂茶寮の
『砂糖を使わない、麹あまざけの甘みを体験しよう!!』です。

最初に店主の金谷氏から高砂麹甘酒についての説明がありました。

DSC00931.JPG

高砂の原材料の米は安田町の倉山米穀店から購入しています。
糖化時間は24時間から48時間かけ、98度で瓶詰め殺菌します。
(毎回サンプルを取り、細菌検査をしているとのこと)

DSC00930.JPG

なぜ甘くなるのかというと、麹菌がもっとも働く環境を作ってあげれば、
「糖化」(デンプンを麹菌が食べてブドウ糖ができる)によって
甘くなるそうです。
コツは55度の温度を保つ(4時間程)ことだそうです。
昔は炬燵(こたつ)でやっていたので、かなり難易度の高い作業だったそうです。
今は電子ジャーを使えば比較的容易にできるとのこと。
(時々、かき混ぜることが必要です)

そして大根寿司、麹漬けがうまくいかないのは麹菌がうまく
働いていないためだというこで、その対処方法として
甘酒(上澄みを取ったもの)を入れて味を整えるそうです。
(皆さん、知ってましたでしょうか?)


ここで店長でパティシエの金谷氏の奥様の由起子さんが登場して
甘酒を使用した、極力砂糖を使わないスイーツの作り方を指南してくれました。

DSC00927.JPG

レシピがこれです!

DSC00929.JPG

上記材料を使ったカップケーキの作り方ですが、
皆さん大変興味があったようで、たくさんの質問が出ていました。

DSC_1051.JPG

その後、その甘酒を飲んで皆さん満足そうでした。
高砂茶寮のコース料理のスイーツは由起子氏の担当なので
皆さん是非、食べてみてください!
(もちろん、私は今度食べにいくつもりです!)













posted by しんたくん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年12月29日

中国文化体験講座『李彩霞 二胡ミニライブ』

遅れましたが、10月25日(日)
旺徳福において中国文化体験講座
李彩霞氏による『二胡ミニライブ』が開催されました

DSCN0985.JPG

最初に旺徳福店主の長さんが
「ダージャーハーオウ」(今日はようこそおいでくださいました)と
中国語での挨拶からはじまり、お客様(受講生の方々)の意表を
ついてきました。(やってくれます!)
そのあとに「まちゼミ」の主旨を説明し、お店のコンセプトを話してくれました。
そのコンセプトは
旺徳福では中国茶を知ってもらうだけでなく、それをを通じて中国の文化を知ってもらう
文化的発信の役割も担うというものでした。(共感しちゃいます!)
そこで中国の代表的な民族楽器である「二胡」のBGMを流していることもあり
今回のライブにいたったそうです。


DSCN0962.JPG


講師の二胡演奏者である李彩霞氏は中国内モンゴル自治区出身で、6歳から二胡を学び、
内モンゴル芸術学校、内モンゴル師範大学音楽科卒業。
1996年に来日し、金沢を拠点として二胡を通じて日本と中国の友好に力を注いで現在に至ります。

李氏は冒頭で「暖かい感じのお店で、皆さんと会えるのを楽しみにしていました!」と
優しい口調で挨拶をしてくれました。
(なんとなく会場も和やかな雰囲気に包まれます)

早速、第一曲目に入ります。曲目は春の曲で「江南春色」です。

DSCN0969.JPG

目を閉じて聴いていると、取材者の私でも中国の水の流れる自然の風景が
まぶたに浮かんできます。(それが合っているかは、さだかではありませんが)

一曲目のあと「二胡経験者の方はいますか〜?」と皆さんとやりとりなど
して、二胡というものの説明をしてくれました。

弓は竹でできていて、とてもしなやかさがあるそうです。
音色が優しく耳に入ってくるのはこれも理由の一つかもしれません。
また、ドレミなどの印にあたるものはなく、指で押さえたところから
感覚的にドレミの位置をつかんでいくそうです。
これはなかなか手強そうです。

このあと二曲目、三曲目、四曲目、五曲目と日本人にも馴染みのある曲を演奏してくれました。
特に三曲目はCMでもお馴染みの「蘇州夜曲」でした。
ますます盛り上がってきました。

DSCN0966.JPG

次は教え子の方との二重奏で沖縄の子守歌、そして「紅葉」と続きます。
沖縄の曲や「紅葉」が二胡で、それも二重奏で演奏されると、これもいい感じです!
もっと分かりやすい表現ができたらと、もどかしさも感じます。

DSCN0978.JPG

二重奏を堪能した後、李氏は「もう一曲しないわけにはいかないでしょう!」
と言ってくれました。
これには皆さん大きな拍手となりました。
そして「ふるさと」を皆で合唱しました。
大変な盛り上がりです。

そうこうしていると、皆さんからも自然と質問が出たり、
ちょっとした歓談の場になってきました。
二胡は手作りなので一つ一つの音色が違うとか、二胡への想い、
日本に来て良かったなど、いつのまにか日中友好の雰囲気に・・・。

DSCN0982.JPG


そして触ってみようということで店主の長さんが実際に二胡を持って
「ドーレーミーファーソーラーシードー」と弾いてみると、
皆さん大喜び。
さらに、ちょっと曲も披露してくれました。
(なんだ、二胡を弾けるんだ!)
(いつかは長さんにも演奏してもらいましょう!)

DSCN0984.JPG

李先生はこのようなリサイタルも開催されました。

IMG_0558.JPG



今回のセミナーで印象的だったのは二胡という楽器、曲から通じてくる中国の文化。
それを知ることで、中国への想いも深まったように思います。
お互いを知ることで、もっと日本と中国は分かり合えるのかもしれない。
そんな気持ちにさせてくれるセミナーでした。

李彩霞先生、これからも日中友好の懸け橋として頑張ってください!
ありがとうございました!


またブログのアップが遅れ、関係者の皆様に
ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。


















posted by しんたくん at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月24日

舞玉を作ろう!

11月23日は和菓子の田中屋さんの人気講座、
「舞玉を作ろう!」です。

DSC07710.JPG

受講者の方々も集まりました。 スタートです。

DSC07712.JPG

最初に店主の田中氏より挨拶です。

DSC07714.JPG

今日は、こんなのをつくろう!

DSC07744.JPG

というわけではなく、あくまでも参考ということで・・・。
イメージですね。
ちなみにこの作品は田中氏の作です。  素晴らしい!



材料は柳の枝とお餅です。

DSC07711.JPG

今回の枝はちょっと小ぶりだったとのこと・・・。

DSC07719.JPG

お餅は白・黄・緑・赤の4色になります。

DSC07715.JPG

白と赤はよく使うため、量も多めに用意しています。

DSC07717.JPG

黄色と緑は一緒な容器に入っています。

DSC07716.JPG

これを一人分とってパックに用意します。

DSC07718.JPG


田中屋さんでは舞玉の注文があったときは「もなかダネ」を使用するのですが、
本来はお餅でするのが発祥だそうです。
そんなわけで今回はお餅を使用しました。

いよいよ作業開始です!

DSC07720.JPG

手には油を付けてお餅を扱うとのこと。
枝の根元にはあまり付けないほうが良いそうです。(バランスの関係で)DSC07722.JPG

飾るところは主に玄関(高いところ)で、容器だとこんなのがあります。

DSC07724.JPG

紅白で付けるのがポピュラーだそうですが、田中屋さんでは
綺麗なので4色使いをしています。

DSC07726.JPG

でも、2色もシンプルでけっこういけるかも・・・。

白を多めに使うと良いそうで、あとは大きさのバランス、
間隔もあまり詰めないほうが良いとのこと・・・。

DSC07727.JPG

皆さん頑張ってます。

DSC07728.JPG

どんどん出来てきています!

DSC07733.JPG

田中氏もアドバイスに・・・。

DSC07736.JPG

完成度が上がってきました!

DSC07738.JPG


皆さんもくもくとやっているせいか、田中氏はちょっと一休み・・・。

DSC07734.JPG

いい感じでできてきました。

DSC07747.JPG


残りのお餅は修正用として持って帰ってもらうそうです。

DSC07748.JPG

いい出来になりました。

DSC07750.JPG


今回も和気あいあいとした、素晴らしい講座になりました。
皆さんもやり遂げた!という表情でした。




















































posted by しんたくん at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

初心者のための抹茶の点て方講座

11月20日金曜日に中嶋茶舗で開催されました。

店内に入るととても良い抹茶の香り。
3名の奥様方に参加して頂きました!
参加2回目の方もいらっしゃったようです。

CIMG0001.JPG

今回のポイントは、家庭でも簡単にできるお茶の点て方です。

最初に抹茶についての小話など、「へぇ〜〜!」となるお話を聞かせて頂きました。
抹茶って茶葉を粉状に挽いたものなので、直接食べるのと同じ栄養が摂取できるんですね〜〜。

CIMG0002.JPG

次は実践!
皆さん、ちゃんと点てられました。
「おいしい!おいしい!」と感動のお声が聞こえてきます。

CIMG0003.JPG

正しい抹茶の扱い方、鮮度の保ち方、茶器など、気になるポイントもお聞かせいただけました。

CIMG0004.JPG

どうもありがとうございました!
posted by しんたくん at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

かんたん前髪セルフカット

11月23日(月)

今日は Oto progress hair にて「かんたん前髪セルフカット」のセミナーが
開催されました。
講師は美容部門の竹山志津香氏です。

最初はカタログを見ながらお話です。

DSC07425.JPG

次はウイッグを使って、カタログの前髪の再現をします。

DSC07422.JPG

その後、受講者の方々の前髪の現状(クセや髪質等)を説明して、要望も聞きます。

DSC07423.JPG

DSC07426.JPG

このあとは切り方の説明です。

DSC07427.JPG



さあ、いよいよセルフカットです。
うまくできるかな?

DSC07429.JPG

DSC07430.JPG

自分の前髪を切るせいか、ちょっと恐る恐るといった感じ・・・。

DSC07431.JPG


コーム(くし)による髪の引き出し方やテンション(引っ張り具合)などによって
仕上がりにかなりの違いがあるようです。

前髪はスタイル作りの中で特に重要なウエイトを占めるそうで、
どんなに他の部分がうまくできても、ここを失敗すると全てが台無しになるそうです。
こわいこわい!

自分で切った後、状態の説明とチェックに入ります。

DSC07432.JPG

チェックですね。

DSC07435.JPG


髪の引き出し方は一回の説明で理解するのはなかなか難しいみたいです。
何回も例を見せて、丁寧に説明してくれてます。

DSC07434.JPG


このあと受講生の方からいろいろと質問がありました。

みなさん「なっとく!」といった感じです。

DSC07433.JPG

セミナー後、講師の竹山氏に感想をきいたところ、
「緊張からか、久々に変な汗をかきました。」
「こういうのも、たまにはいいかな!」
と言ってました。

このことを Oto progress hair のオーナーに伝えると、
「スタッフのモチベーションアップにもつながりますね! やって良かったです!」
と、こちらも満足そうでした。


「まちゼミ」はお客様だけでなく、お店にとっても
「得する街のゼミナール」のようです♪























posted by しんたくん at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月23日

金花糖に挑戦!!

11月15日(日)小村産業さんのショールームで亀田屋さんのまちゼミ

「金花糖に挑戦!!」が開催されました。

CIMG1204.JPG
CIMG1202.JPG
CIMG1210.JPG


グラニュー糖を熱しています。

ここからが亀田氏の熟練の見せ所。

CIMG1211.JPG
CIMG1214.JPG

熱せられたグラニュー糖等の素材を直接手で触って感触を確かめる作業。

これは固すぎても柔らかすぎても完成に影響が出るらしく、とても熱そうなのに何度も

確認していました。「熱いけどなれちゃったよ。」と亀田氏

CIMG1217.JPG

ちょうど良いかたさになったところで、準備してある型枠に注ぎます。

CIMG1219.JPG
CIMG1235.JPG

頃合いをみて、余分な素材をヘラで落とします。

CIMG1222.JPGCIMG1243.JPG

これは注いだ口の部分が開いているのでそれを閉じる作業。

CIMG1224.JPG

そして完成。あとは色を塗る作業です。(この写真は口をふさぐ前の写真です(-_-;))

CIMG1252.JPG

さすがに女性の方は色を塗るのがうまいです。

CIMG1256.JPG

出来上がり。



まちゼミは、受講者の皆さんが「楽しかったなあ〜」と思って貰えるように、

最大限の工夫を各店主がおこなっています。

店主と仲良くなって色々なことが聞けるようになったり、受講者同士で仲良くなったりと、メリットは沢山ありますので、

これを読んで参加したいと思う人が少しでも増えるように願っています。

今回の店主亀田氏もとても気さくな人なので、

(本当は商店街の中でもかなり偉い人です(-_-;))

次回もお楽しみに。


最後におまけです(笑)


CIMG1258.JPG


後片付けもバッチリ!!


























posted by しんたくん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月20日

自分で作ったお菓子(上生)で抹茶と一緒に!(田中屋)

広小路の田中屋さん
店内ではアートフェスティバルも実施中でした!

2.JPG

まずは
講師のご挨拶
創業110年の4代目社長の田中氏。

3.JPG

材料は「あん4種」と
「ようかん」で出来た葉っぱ。
これで菊の花の上生菓子を作ります。

4.JPG

まずは、お手本。。

5.JPG

あっという間に
うっすらピンクが上品な
菊の原型が完成!

6.JPG

葉っぱをつけ
木の道具でラインを2本引いて
出来上がり!

7.JPG

さっそく
やってみましょう!

8.JPG

5代目(?)も
和菓子作りに初挑戦!

9.JPG

違う型にチャンレンジする強者も!

10.JPG

五代目!
頑張りました!((*^▽^*)

11.JPG

早速
お抹茶とともに試食。。

12.JPG

私も講師作のお菓子で
一服いただきました。

13.JPG

こうして
和気あいあいと田中屋さんの「まちゼミ」
終了いたしました!
皆さん、満足のご様子でした。

文責
フォーレン島崎



















posted by しんたくん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月19日

泡で洗顔することの大切さ!!

11月19日 午前10時より、オト・プログレスヘアーにて ”泡で洗顔することの大切さ”
というまちゼミが開催されました。
まちゼミ.jpg

講師はCAC化粧品の女性の方でした。
まちぜみ-1.jpg
まずは、泡洗顔することにより肌のトラブルを解消し自分の力で肌がきれいになるという、
利点があるということで、とりあえず、泡をたてるためのネット作りからはじまりました。
市販の洗顔ネット2個を組み合わせてひとつの大きなネットを作ります。
まちぜみ-4.jpg

それを洗面ボールの中に入れてお湯で湿らせ、洗顔の粉一袋(3g)を入れて、
少量のお湯を加えます。
まちぜみ-6.jpg
後は、手でボールの中のネットを揉んだり回したり。とにかく、メレンゲを作る
ハンドミキサーのように徹底的に泡立てます。
まちぜみ-8.jpg

お客様達も、最初は、戸惑っていましたが、徐々に熱が入り、
お菓子作りでもしているかのように、楽しそうでした。
まちぜみ-10.jpg
ついに、ボールを逆さにしても泡が落ちないくらいになれば、出来上がりです。
ボールに山盛りの泡ができました。
まちぜみ-9.jpg
それでは、いよいよ洗顔です。とはいっても、ごしごし洗うのではなく、顔の上に泡をのせるようにします。
この石鹸は目にしみることもなく、口の中にはいっても大丈夫だそうです。
まちぜみ-12.jpg
最後に、手で洗い流して終了です。体験したお客様は、とてもスッキリした様子で、
肌がしっとりして、ツッパリがないと、感激していました。
この泡洗顔を続けていると、シミ、シワも増えず、美白効果もあるので、
お肌の老化防止に最適とのことでした。そして、使い続けているとファンデーションも
つけなくてもよくなるそうです。
ただし、この念入りな、泡立てが一番重要です。
皆さん、試してみませんか?私もやってみたくなりました。
posted by しんたくん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月17日

あなたの髪はまだまだ美しくなる

お店の人が教えてくれる!得する街のゼミナール

11月12日 oto progress hair(オト・プログレスヘア)さんで
理毛体験講座が開催されました。

IMG_2464.JPG

講師は奥様の乙村雅美さんです。
まずはヘアビューザーを使って髪の変化を感じていただきます。

IMG_2452.JPG

”ヘアビューザー”はドライヤーとしても使いますが、
一般的なドライヤーと違い、髪を傷めることなく
使えば使うほど髪にハリ、コシが出来て、
絹の様な美しい髪質になる美容機器だそうです。
実際に体験した受講者さんは、自分の髪がサラサラヘアーに変化して
その効果に驚いていました。

次は、”レプローストカット”。
はさみを使っての理毛方法です。

IMG_2457.JPG

IMG_2456.JPG

IMG_2455.JPG

すき鋏を通常とは反対にして使うと言う、まさにプロの技!
講師のはさみの使い方はさすがです。

”ビューディア”
手を使っての理毛方法。

IMG_2459.JPG

IMG_2458.JPG

受講者さんは、頭皮をマッサージされ、とても気持ちよさそうでした。

{受講者さんの声}
今回街ゼミに参加して、プロ技の頭皮ケアを体験出来てよかった。
しかも無料ってすごいなと思いました。

<取材:旺徳福 長 恵美子>









posted by しんたくん at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月15日

みんなに自慢できるビールの豆知識セミナー

11月14日(土)居酒屋きっつぇんさにて
「みんなに自慢できるビールの豆知識セミナー」がありました

 キリンビール営業マンよりテキストにそっての説明ですDSCN0939.JPG
作り方、原料の話です。大麦麦芽を使い、麦芽はビールの琥珀色を出すことや

ホップはビールの魂である香り、それも華やかな香りを出すこと

酵母(ビール酵母)は味、香りに影響を与えること等教えてもらいましたDSCN0940.JPG

いよいよ実践です。ビールグラス冷えてますDSCN0941.JPG
ラガーと一番搾りの飲み比べです
DSCN0942.JPG
ビールは @麦をゆでる-麦汁(ばくじゅう)をつくる A発酵(酵母を使って) B貯蔵、熟成

と大きく三段階で作ります

嵐のCMにあるように一番搾りの特徴は一番搾り麦汁だけを使っている贅沢なビールであり

麦100%のビール、おいしそう--
DSCN0943.JPG

ラガーは120年の歴史があり、味にこだわり 香りのプレミアム(通称プレモル)辛口ドライ

と違いオヤジがぐっとくる、のみごたえのある味、ホップのうまさを追及している

とのことでしたDSCN0945.JPG

ビールつぎかたに移り、泡の作り方、3度つぎです

勢いよくつぎ泡を出します
DSCN0946.JPG

DSCN0947.JPG

泡がおさまるまで待ちます

その間いろいろお客様とも話し合い、夏の需要のある時(ビヤガーデン

バーベキュー)のこととか、一番搾りはラガーに比べてすっきり味とか、

ラガーがぐっとくるから、大人ならラガーがおいしいいとか・・

ほろ酔いでお話いろいろ出てきましたDSCN0948.JPG

泡が収まり、二度目をつぎます。
DSCN0951.JPGDSCN0952.JPG

最後に泡を盛りますDSCN0953.JPGDSCN0954.JPG

おつまみですDSCN0955.JPG

サバのスモークとぎんなんの唐揚げ、ラガーにはサバのスモーク

ぎんなんの唐揚げには一番搾りが合います

DSCN0955.JPG

濃い料理には濃いビール、ラガービール

「やっぱラガーやなぁ・・」って

誰かが言ってました  おいしそう

DSCN0957.JPG




















































posted by しんたくん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

美味しく楽しく料理教室!! 茶屋町 小村産業(株)

11月14日(土) 当社ショールームで初めての街ゼミ料理教室を開催しました。
料理講師として御協力頂いたのは、リンナイ高野先生です。
IMG_3263.JPG

今日作るメニューは、『桜えびの春色炊き込み御飯・ホワイト春巻き・マロンクリームのクレープ』の3点。
IMG_3307.JPG

最新コンロの機能を活用した内容で、炊き込み御飯は『自動炊飯機能』・春巻きは『ココットダッチオーブン』・クレープは『SIセンサーコンロ』を使っての調理です。
IMG_3272.JPG

調理の合間にリンナイビルトインコンロ・デリシアの独自機能『ヒートオフ』の実演も交え、
IMG_3276.JPGIMG_3278.JPGIMG_3279.JPG

コンロのガラス天板が焦げ付きにくく、耐久性が強いところもご説明させて頂きました。
IMG_3281.JPG

その間も皆さんの調理は順調に進み、
IMG_3287.JPG

最後にデザートのクレープ作り。
IMG_3272.JPGIMG_3290.JPG

皆さん、真剣な表情で・・・
IMG_3292.JPG

料理がすべて出来上がりました!!
IMG_3297.JPG
IMG_3298.JPG

ご参加頂いた皆様には、和気あいあいとした雰囲気で調理と実食をして頂きました。
また来年もして欲しいとの嬉しいお声も頂き、大きな励みになりました。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。




posted by しんたくん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月13日

ウィッグで手軽に10歳若返り体験

11月12日(木) 化粧品とエステの店フォーレンにてウィッグの試着体験が
行われました。
講師はあの有名なアデランス専属の方で美容室などで講習を行っているそうです。
まちゼミ-1.jpg
さて、女性にとっての悩みといえば、顔のシミ、シワだけではありません。
髪のことも、年齢とともに悩みの種の一つです。髪の量が減ってボリュームが
でないとか、分け目がはっきりして、白髪がめだつなど、いろいろです。
そんな時に役立つのが、今日ご紹介していただく、「トップピース」という
頭の上にちょこんとのせるだけの手軽なものです。とはいっても、毛質も、大きさも
いろいろです。
まちゼミ−2.jpg
毛質は天然毛と化繊の混合のものとポリエステルとアクリルの混合のものがあります。
その質によっって、髪の太さや艶が違ってきます。
気になるお値段もいろいろですが、高いから良いというわけではなく、その人に合う
ものを選ぶことが一番ということでした。
まちゼミ-4.jpg
とにかく、試着してみましょうと、講師のかたが、それぞれのお客様に合いそうな
毛質、色、大きさのものを選んで着けてみました。さらに、着け方もならって、挑戦です。
やってみると、意外に簡単。これならわたしでもできるわ、という感じです。
こうして、しばらく話ているうちに、馴染んでしまって、着けているのを忘れてしまいそうと、
あまりにも自然な着け心地に大満足な様子です。
まちゼミ-5.jpgまちゼミ-6.jpg
まちゼミ-7.jpg
まちゼミ-8.jpg
今回は、この他にスッポリと頭に被る、フルウィッグ(俗にいうカツラ)も試着してみました。
これはなかなか勇気がいるというか、でも、全く雰囲気が変わってイメージチェンジには、
最高かも・・・  ちょっと恥ずかしい気もするけど、しばらく着けているうちに、これも
いいかもと思えてきます。
まちゼミ-3.jpg
女性にとって髪は命ともいいます。不意の出来事や外出など、簡単に洋服を着る感覚で、
着けられると楽しいですね。

お客様もいろいろ体験できて楽しかったと、満足して帰られました。
posted by しんたくん at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

ウクレレでHappy Xmas!!

11月11日は「楽器の店ポン・ポロ・プー♪」のセミナー、
「ウクレレでHappy Xmas!!」です。

講師は知る人ぞ知る、フォークソングマイスターの島崎克宏氏です。 イエ〜ッ!

DSC07667.JPG

ウクレレを弾きながらクリスマスの曲を歌おう!ということですが、
はたして1時間ちょっとの短時間で可能なのでしょうか? 興味津々です♪
受講生の皆さんは女性ペア2組、男性ペア1組の計6人です。

DSC07666.JPG


最初はウクレレの弾き方(右手)から・・・。

DSC07668.JPG

DSC07669.JPG

弾き方にはダウンストロークとアップストロークがあるそうで、
初心者の方はダウンストロークから入るそうです。

弾くだけでもなかなかスムーズにいかないようですが、これは3分ほどで皆さんクリア♪
次は左手でのコード(弦)のおさえ方です。

DSC07673.JPG

これはコードダイアグラムといってウクレレのコードを図に見立てたものだそうです。

DSC07671.JPG

コードのおさえ方にはCコード(指1本)、Fコード(指2本)、G7(指3本)の
3種類があり、基礎となる「スリーコード」ということになります。
順にしたがって難易度があがるみたいです。

DSC07675.JPG

お父さん、頑張って!

DSC07678.JPG

Cコード、Fコードまでは、なんとかOK!

DSC07680.JPG

G7、これは難しそう!

 DSC07679.JPG

島崎講師もここはゆっくり丁寧に教えてくれてます。

DSC07681.JPG

取材の私は「エアー」でやってみましたが、これは難易度たかそう!

DSC07682.JPG

このスリーコードを使い分けるのはちょっと大変ですが、
これをマスターすると、曲が弾けるとのこと。

なんとかできたようなので早速、曲に入ります。

DSC07683.JPG

曲は皆さんご存知、「かえるの歌」(ゲロゲロっていうやつです!)

DSC07685.JPG

これはすべてCコードだそうです。島崎氏は「これは簡単だよ〜っ!」て言ってました。

皆さん、しっかりクリア!

次の曲は「聖しこの夜」

DSC07687.JPG

見てのとおり、C,F,G7のスリーコードがしっかり入っているので、
これはもう大変〜っ!

ここでスリーコードのアップ写真を・・・・・。

Cコードです。

DSC07692.JPG

指1本でおさえてます。

島崎講師がすると・・・。

DSC07691.JPG

さりげないですね〜。 見た目には指1本に見えませんね!
熟練の技ですね!

次はFコードです。

DSC07689.JPG

指2本でおさえてます。

さあ問題のG7! ちなみに先進7カ国ではありません。念のため・・・・。(^〜^)

DSC07690.JPG

分かりますでしょうか?

角度を変えてもう一度!

DSC07695.JPG

指3本ですが、押さえる位置が難しい!

これにCとFを使い分けるのだから、ウクレレ奥深し!
皆さんパニックになるのでは・・・・。大丈夫かなぁ〜!

DSC07670.JPG

ちょっと心配しましたが、しっかり時間をかけて何とかクリア!

さあ、仕上げです。
これにメロディーを入れ、皆で歌うだけです。


おお〜っ! 曲になってます。この短時間で素晴らしい!

ここまで約1時間。できるもんですね。

このあとは「まちゼミ」お約束のアンケート

DSC07696.JPG

しっかりお答えいただきありがとうございます!

DSC07697.JPG

このあと他の「まちゼミ」の紹介や
ポン・ポロ・プーの独自のイベント情報をお知らせしました。
島崎講師、ご苦労様です・・・・。

DSC07700.JPG

DSC07699.JPG

このイベント「歌いま専科(うたいませんか)」は
お客様(参加者)が好きな歌をアコースティックギターの伴奏で一緒に歌おう!
という企画です。面白そう!

詳しくはポン・ポロ・プーまで!

DSC07702.JPG

終了後も参加者の方々は質問などで盛り上がってました。

皆さん楽しめたようです。 よかったよかった! (^ー^)











































posted by しんたくん at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月07日

倉山米穀 ごはんパワー教室Part10

 今年も開催致しました、倉山米穀のまちゼミ!

「ご飯パワー教室Part10」です。


Photo1.JPG

 講師は前回でも講師を務められた三ツ星お米マイスターの東 洋介。
 補助員は出口です。

 今回は2組、4名の参加者にご来店頂きました。ありがとうございます。

 まずは工場内の見学から。

Photo2.JPG

 白米になる前(精米前)の玄米を見てみたり、

Photo3.JPG

 機械がどのような役割を果たすのかを聞いたり、

Photo4.JPG
 
 どのようなお米がお客様の元へ届けられるのかであったり、

Photo5.JPG

 お米についての色々なご質問にお答えしたり。
 皆さんとても興味をもってお話を聞いてくださいました!

 終わった後は向かいの高砂茶寮さんの一室をお借りして、アンケートと試食会!

Photo6.JPG

Photo7.JPG

 社長お手製のハヤシライスを温かいお茶と一緒に味わっていただきました。
 皆様、終始ニコニコと賑やかに楽しんでおられました。
 市販のものは苦手だけどこれは美味しい、との声も頂きました。
 
 ありがとうございました!

 今回は真空パックにした、ギャバ米をお土産にお渡ししました。
 本日はご参加ありがとうございました!


文章作成・出口
posted by しんたくん at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月06日

上生菓子づくり!!

第2回目の上生菓子づくりスタートですDSCN0867.JPGDSCN0868.JPGDSCN0869.JPGDSCN0871.JPGDSCN0872.JPGDSCN0874.JPGDSCN0877.JPG

あんこを入れて
DSCN0879.JPG

まるめるDSCN0883.JPG

完成ですDSCN0885.JPG
真ん中に点をいれてDSCN0886.JPG

線一本、十字の線にしてDSCN0887.JPGDSCN0889.JPG
細かく線を入れてDSCN0893.JPGDSCN0889.JPG

葉っぱをのせて出来上がりDSCN0900.JPG

菊の完成です

次はもみじ完成図から 向こう側です
DSCN0936.JPGDSCN0916.JPGDSCN0919.JPGDSCN0920.JPGDSCN0921.JPGDSCN0929.JPGDSCN0930.JPG

つまみますよ!!

DSCN0931.JPG

つまんでますDSCN0932.JPG

いい感じDSCN0933.JPG

出来ました

楽しい感じで出来ました。
毎年小学校で教えられているそうで
優しくならえるのでいい感じですすんでいきました。
取材よりやってみなくちゃ分からんな、楽しそうやもんなぁ〜〜〜〜





























posted by しんたくん at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月02日

親子で簡単飾り巻き寿司

11月1日(日)中町のみつき庵さんでまちゼミ、

「親子で簡単飾り巻き寿司」が開催されました。

受講者の皆さんが来る前にパチリ。


CIMG1172.JPG


受講者の皆さんがこられて、まずは清潔の為の手洗いです。


CIMG1175.JPG

さあ〜まちゼミの開催です。

店主の横井氏の指導のもと、受講者の皆さんも楽しく、一生懸命に作業をしています。


CIMG1176.JPG

CIMG1180.JPG

CIMG1183.JPG


ここでちょっと説明を。

みつき庵さんは、昨年7月オープン、今回初めてまちゼミに参加していただきました。

まちゼミの一番の目的は、「受講者の方々に喜んで貰うこと」

横井氏は、初めて行うということもあって恐縮されていましたが、受講者の方々が、

「時間内につくれるように」、「美味しくつくれるように」、「つくる喜びを子供たちに感じて貰えるように」

細やかな配慮が沢山なされていました。

店主の、想いだったり、信念だったり、人柄などを感じることが出来るところも

また、まちゼミの特典なのではないかと感じてしまいます。



今回は「パンダ」と「葡萄」の巻き寿司をつくっていきます。

CIMG1186.JPG

私の要望に応えてくれる子供たち

CIMG1181.JPG

CIMG1188.JPG

作業は順調に進んでいきます。


CIMG1192.JPG

CIMG1193.JPG

CIMG1189.JPG

CIMG1196.JPG



さて……

ここでトラブル大発生です。完成した「パンダ」と「葡萄」の巻き寿司の写真はありません(-_-;)

一応言い訳をいわせてください(汗)

「こっちむいて〜」といえばシャッターチャンスを与えてくれる子供たち(笑)

親子で楽しくワイワイやっている風景などを見ていると、私もテンションが上がってデジカメをパシャパシャ……って

デジカメフリーズしてるんですけど……

というわけで、取材者が楽しく調子に乗っているとこういうトラブルもある訳です。(本当にすいません)


完成した「パンダ」と「葡萄」の巻き寿司は、とても可愛くとても綺麗でとても美味しそうでした。

「お前何しにいったん?」っていわれそうですが、最低限の仕事はしてまいりました。

横井氏から次回のまちゼミも参加していただくという言質はとってきたので、気になる方は次回の講座を

是非受けて頂きたいと思います。すぐ埋まっちゃうので早めのお電話でお願いします。


受講者の皆さん、横井氏、本当にありがとうございます。

取材店
みつき庵   営業時間  11:30〜13:30     17:00〜22:00
         定休日   日曜日・第三月曜日


































posted by しんたくん at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年10月31日

得する街のゼミナール「お餅を好きになろう!!」 おけ和


10月31日(土)千代尼通り商店街安田町の老舗名店「おけ和」さんで「お餅を好きになろう」と題して、まちゼミがおこなわれました。
IMG_0271.jpg
「おけ和さんは顧客ファンも多い地元では有名なお店です」

講師は店主の桶和和孝さん。
まずは「最近のお餅事情、ならびに使用用途」についてのお話
IMG_0273.jpg
「普段ではめったに入れない作業場でのまちゼミ、とても清潔でした」

そしてお餅の品種、産地などを分かりやすく説明してくれます。
初めて聞く話も多く、中には「へぇ〜」と感心するお話もありました。
なかなかお餅やもち米等のお話を聞く機会もなく、皆さん興味津々でした。
IMG_0275.jpg
そして次のステップ
いよいよ実際お餅に触ってみます。

まずは手洗いから、そして手袋をしていよいよ自分達で丸く成型していきます。

この日は2種類のお餅を準備していただき、それぞれお客さまに丸めて触っていただき実感をしてもらいました。
IMG_0276.jpg
「つき始めてから待つこと約3分、 できたてのお餅を皆で丸めます」

今日は分かりやすいように、一方をピンク色にしてくれてあります。

基本的に中に粉が入らないように手に取って丸め丸めて形にします。
カビは取り粉の入った部分から生えるそうな。

皆さん初めてにしては器用に型にしていきます。
IMG_0278.jpg
次に白のお餅、触った時点で「あっ!柔らかい!」とすぐに違いに気付いた模様

これも皆さん器用に丸め丸めていきます。
しばし夢中で作業に没頭する皆さんでしたが、型になるとほのかに嬉しそうな表情に・・・

IMG_0279.jpg
「さてお次はいよいよ皆さまお待ちかねの試食タイム   いかにも美味しそう!」

あんこをたっぷりと付けての味見となります。
そして僕も一緒に試食させていただきました。  役得だなぁ〜

どちらもそれぞれ美味しかったです。しかし食べ比べてみると確かに食感が全然違います。

皆さん食べ比べてから「もち米の種あかし」
今日は「羽二重」と「かぐら」という2つの品種を実際触ってみて、そして味見しました。

IMG_0280.jpg
お餅の保存方法も教えてもらいました。

長期保存はジッパー袋を使って冷凍保存すると1年は持つそうです。そしてその日に冷凍保存したものは、1年後に解凍しても柔らかさが同じだそうな。
しかもつきたてのお餅を次の日に少し硬くなってから冷凍すると、これも解凍するとそのまま少し硬い状態での柔らかさになるそうな。
当日作られて包装されてないお餅の場合は、その日のうちにジッパー袋かラップを使って冷凍すれば、解凍した時にそのままの柔らかさを味わえるそうです。

他にも、かき餅の美味しい焼き方は?等々、皆さん活発に質問されてました。

しかし桶和さんのおかみさんも、話上手でお餅の知識も豊富です。
かき餅の美味しい焼き方も親切に教えてました。
IMG_0281.jpg

最後は皆さんアンケートを書いていただいて、そして先ほど自分達で成型したお餅を、これまた自分達で包んだものをお土産にいただいて 「まちゼミ」終了です。
おけ和さんは今回「まちゼミ」初参加でしたが、参加されたお客さまには大好評!
「来て良かった」と皆さん喜んで帰られました。

そして私にまでお土産いただいてすみません。
さっそくお雑煮にして、いただきたいと思います。

なかなか普段は入れない厨房にも入れてもらい、知らないことが多かったお餅のお話、面白かったです。
今回まちゼミのテーマにもなってた「お餅を好きになろう!!」は、参加された皆さん、確かに実感して帰られたようです。


≪取材:村松≫



posted by しんたくん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年10月28日

上質な睡眠を目指そう!

人生において
1番ウェイトを占める睡眠!
それを見直してみませんか!?


ちょっと気になるキャッチコピー!
これは安田町商店街の「三浦屋」さんの言葉だ。

お店の人が教えてくれる!
得する街のゼミナール「まちゼミ」

今日は、この三浦屋さんで
上記のキャッチコピーの講座が開催されると聞き
取材にいってきました!

三浦屋さんは本日「定休日」
でも「まちゼミ」は別。
休日返上での開講だ。

1.JPG

三浦屋さんは呉服部門と
2.JPG

寝具部門のお店だ。

4a.JPG

店内には
可愛い「和」のグッズなんかも
置いてありました。

5.JPG

「まちゼミ」
本日の講師は店主の三浦恒太朗さん。
我が商店街の若手経営者だ。

6.JPG

まずは今日のお題
「睡眠」についてのお話。
私達が1日(24時間)の中で
誰もが行う行動「睡眠」。
5時間しか寝ない人。
7時間は寝る人。
それ以上寝る人。。。
色々だが。。
でも、言えることは
そんな大切な時間を過ごす
睡眠についてあまり知識がないということ。。
そんな話から入っていきました。

7.JPG

そして
”行動スタイルを見直そう”では
・睡眠時間はしっかり確保できているか?
・同じ時間帯に目覚める事ができているか?
・規則正しい食事ができているか?
・就寝直前に飲食等をしていないか?
などについて
参加者に尋ねてみました。
(ちなみに私は全部×です(^^ゞ)

DSC02576.JPG

「睡眠」は、まずは行動スタイルから
見直していきましょう!
という、三浦氏のお話でした。
参加者も「ウンウン」と
頷いておりました。

で、その睡眠をとる為の寝具の話に移りました。

8.JPG

「姿勢」ね。
これは、皆それぞれ違うわけで。
ようするに、枕や敷マットも
その人の身体に合ったものを
選ばなければならないと
三浦氏は力説するわけね。。。
(なるほど。。)
特に枕。。。。
「枕」の高さ
「枕」の固さ柔らかさ
これらすべてがその人の睡眠に
大きく関わってくるわけだから
その人の身体にあった枕であれば
深い健康な睡眠が得られるという
事なのです。

9.JPG

↑これは枕の中に入れる「チップ」
これの固さや、量により
適切な「枕」ができるのだそうだ。
そして、その人の身体を測定する機械がコレ。

10.JPG

なんか保健室に置いてある
身長を計るアレみたい。
早速、参加者の皆さんの身体を測定。

11.JPG

12.JPG

その数値を専用のパソコンに入れ
その方の身体にあった「枕」の形や
マットレスの種類が決められるのだ。

13.JPG

そして、数分後。。
自分の身体にあった「マット」と「枕」が
敷かれたベッドに横たわり。。
睡眠体験。。。
「あーーーーなんか、気持ちいいねぇ」
「このまま。スーと寝てしまいそうやわぁ」
と、参加者の声。。。
(私も、横になりましたが、確かに寝そうでした(^^ゞ)

14.JPG

講座が始まり
すでに60分が過ぎ。。。
予定された時間を超えたことを
詫びながらも三浦氏は最後の挨拶。
でも、参加者にとって
充実の60分だったと思います。

「すいみん」
当たり前のことですが
寝ている間は何もできません。
でも、この「すいみん」を見直すだけで
「すいみん」中の効果を増大させ
活動時間をより良いもに
変えていってくれるのでは
ないでしょうか。。。

担当/文責
ポンポロプー♪
島崎































posted by しんたくん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

中国茶芸体験(わんだーふー)

少しご報告が遅くなりましたが。。。

今日の「まちゼミ」レポートは
10月23日に開催された
「旺徳福」(わんだーふー)さんによる
"中国茶芸体験”をレポートします!
1.JPG
中町は聖興寺の正面に位置する
「茶房 旺徳福」さん

店内には
中国茶をいただくための
茶器なども多数展示されてて
それらを見ているだけでも
とても楽しいお店です。

2.JPG

今日の講座内容は
中国の「茶芸体験」。。。
ようするに中国茶の煎れ方ね。
テーブルに準備された茶具の数々。。
なんか可愛いですね揺れるハート

11.JPG

まず、はじめに
今日の講師を務める
店主の「長嘉信」さんから
茶芸について簡単に説明を受けた。
茶具のこと
茶葉のこと
などなど。。

3.JPG

では早速
飲んでみましょうか。。
ってことで
早速、目の前の茶具を使って
お茶を入れてみました。

5.JPG

店内にたどよう
中国茶の香りに。。
なんともいえず癒やされます。
「わぁ!美味しい!」

6.JPG

一つ目の
茶葉を味わったあと
次は違うお茶を煎れてみましょう!
もうひとつ違う茶葉をとり
目の前の茶具で
お茶を煎れてみました。

7.JPG

この日煎れたお茶は2種類
「文山包種茶」(台湾)と
「東方美人」
取材に行った私も知らないことが多くて
「へぇ〜。。。」って心で思いながら
楽しく取材させていただきました。

9.JPG

最後に店主から
本日の講座の〆の挨拶をいただき

9.JPG

最後に
お客様にはアンケートに
ご記入いただきました。
短い時間でしたが
中国茶芸について
茶葉の量や、お湯の温度、
おく時間によって味が変わるなど。。

貴重な体験ができ
参加者の皆さんもとても
有意義な時間が過ごせたと
喜んでいらっしゃいました。

10.JPG

私も
とても楽しかったです。。
ありがとうございました。

<取材担当/文責>
フォーレン
島崎















posted by しんたくん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報