2011年11月21日

中国茶って・・どんなお茶(中国茶の基礎知識)

旺徳福にて中国茶の基礎知識を教えていただきました。
実際に中国茶を飲みながら、ウーロン茶やプーアル茶等様々な中国茶の違いや特性を教えていただきました。
P1040666.JPG
P1040667.JPG
P1040669.JPG
写真の中国茶は黄金桂といい優しい口当たりで香りも甘く大変おいしいお茶でした。
P1040672.JPG
P1040673.JPG
このお茶の器も可愛らしく、つまみのおかしも酸味がきいてお茶がよりおいしくなりました。
P1040675.JPG
中国茶は保存がきいて長年寝かせることでおいしくなり価値がでるようで、この銅鏡のような形が独特で味がありました。これを少しづつけずって飲むようです。
P1040676.JPG
上質なプーアル茶は体内の油を流してくれるようで、脂っこい中国料理を食べた後に飲むとスッキリして体にもいいそうです。
中国茶は店内には大変たくさんの種類がおいてあり、気軽に飲めるものから高級品まで取りそろえてありました。中国式のお茶会も大変風流があり楽しかったです。
さすが歴史ある中国のお茶、大変勉強になりました。
posted by しんたくん at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50720759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック