2015年12月31日

砂糖を使わない、麹あまざけの甘みを体験しよう!!

11月5日(木)は高砂茶寮の
『砂糖を使わない、麹あまざけの甘みを体験しよう!!』です。

最初に店主の金谷氏から高砂麹甘酒についての説明がありました。

DSC00931.JPG

高砂の原材料の米は安田町の倉山米穀店から購入しています。
糖化時間は24時間から48時間かけ、98度で瓶詰め殺菌します。
(毎回サンプルを取り、細菌検査をしているとのこと)

DSC00930.JPG

なぜ甘くなるのかというと、麹菌がもっとも働く環境を作ってあげれば、
「糖化」(デンプンを麹菌が食べてブドウ糖ができる)によって
甘くなるそうです。
コツは55度の温度を保つ(4時間程)ことだそうです。
昔は炬燵(こたつ)でやっていたので、かなり難易度の高い作業だったそうです。
今は電子ジャーを使えば比較的容易にできるとのこと。
(時々、かき混ぜることが必要です)

そして大根寿司、麹漬けがうまくいかないのは麹菌がうまく
働いていないためだというこで、その対処方法として
甘酒(上澄みを取ったもの)を入れて味を整えるそうです。
(皆さん、知ってましたでしょうか?)


ここで店長でパティシエの金谷氏の奥様の由起子さんが登場して
甘酒を使用した、極力砂糖を使わないスイーツの作り方を指南してくれました。

DSC00927.JPG

レシピがこれです!

DSC00929.JPG

上記材料を使ったカップケーキの作り方ですが、
皆さん大変興味があったようで、たくさんの質問が出ていました。

DSC_1051.JPG

その後、その甘酒を飲んで皆さん満足そうでした。
高砂茶寮のコース料理のスイーツは由起子氏の担当なので
皆さん是非、食べてみてください!
(もちろん、私は今度食べにいくつもりです!)













posted by しんたくん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報