2015年10月28日

上質な睡眠を目指そう!

人生において
1番ウェイトを占める睡眠!
それを見直してみませんか!?


ちょっと気になるキャッチコピー!
これは安田町商店街の「三浦屋」さんの言葉だ。

お店の人が教えてくれる!
得する街のゼミナール「まちゼミ」

今日は、この三浦屋さんで
上記のキャッチコピーの講座が開催されると聞き
取材にいってきました!

三浦屋さんは本日「定休日」
でも「まちゼミ」は別。
休日返上での開講だ。

1.JPG

三浦屋さんは呉服部門と
2.JPG

寝具部門のお店だ。

4a.JPG

店内には
可愛い「和」のグッズなんかも
置いてありました。

5.JPG

「まちゼミ」
本日の講師は店主の三浦恒太朗さん。
我が商店街の若手経営者だ。

6.JPG

まずは今日のお題
「睡眠」についてのお話。
私達が1日(24時間)の中で
誰もが行う行動「睡眠」。
5時間しか寝ない人。
7時間は寝る人。
それ以上寝る人。。。
色々だが。。
でも、言えることは
そんな大切な時間を過ごす
睡眠についてあまり知識がないということ。。
そんな話から入っていきました。

7.JPG

そして
”行動スタイルを見直そう”では
・睡眠時間はしっかり確保できているか?
・同じ時間帯に目覚める事ができているか?
・規則正しい食事ができているか?
・就寝直前に飲食等をしていないか?
などについて
参加者に尋ねてみました。
(ちなみに私は全部×です(^^ゞ)

DSC02576.JPG

「睡眠」は、まずは行動スタイルから
見直していきましょう!
という、三浦氏のお話でした。
参加者も「ウンウン」と
頷いておりました。

で、その睡眠をとる為の寝具の話に移りました。

8.JPG

「姿勢」ね。
これは、皆それぞれ違うわけで。
ようするに、枕や敷マットも
その人の身体に合ったものを
選ばなければならないと
三浦氏は力説するわけね。。。
(なるほど。。)
特に枕。。。。
「枕」の高さ
「枕」の固さ柔らかさ
これらすべてがその人の睡眠に
大きく関わってくるわけだから
その人の身体にあった枕であれば
深い健康な睡眠が得られるという
事なのです。

9.JPG

↑これは枕の中に入れる「チップ」
これの固さや、量により
適切な「枕」ができるのだそうだ。
そして、その人の身体を測定する機械がコレ。

10.JPG

なんか保健室に置いてある
身長を計るアレみたい。
早速、参加者の皆さんの身体を測定。

11.JPG

12.JPG

その数値を専用のパソコンに入れ
その方の身体にあった「枕」の形や
マットレスの種類が決められるのだ。

13.JPG

そして、数分後。。
自分の身体にあった「マット」と「枕」が
敷かれたベッドに横たわり。。
睡眠体験。。。
「あーーーーなんか、気持ちいいねぇ」
「このまま。スーと寝てしまいそうやわぁ」
と、参加者の声。。。
(私も、横になりましたが、確かに寝そうでした(^^ゞ)

14.JPG

講座が始まり
すでに60分が過ぎ。。。
予定された時間を超えたことを
詫びながらも三浦氏は最後の挨拶。
でも、参加者にとって
充実の60分だったと思います。

「すいみん」
当たり前のことですが
寝ている間は何もできません。
でも、この「すいみん」を見直すだけで
「すいみん」中の効果を増大させ
活動時間をより良いもに
変えていってくれるのでは
ないでしょうか。。。

担当/文責
ポンポロプー♪
島崎































posted by しんたくん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

中国茶芸体験(わんだーふー)

少しご報告が遅くなりましたが。。。

今日の「まちゼミ」レポートは
10月23日に開催された
「旺徳福」(わんだーふー)さんによる
"中国茶芸体験”をレポートします!
1.JPG
中町は聖興寺の正面に位置する
「茶房 旺徳福」さん

店内には
中国茶をいただくための
茶器なども多数展示されてて
それらを見ているだけでも
とても楽しいお店です。

2.JPG

今日の講座内容は
中国の「茶芸体験」。。。
ようするに中国茶の煎れ方ね。
テーブルに準備された茶具の数々。。
なんか可愛いですね揺れるハート

11.JPG

まず、はじめに
今日の講師を務める
店主の「長嘉信」さんから
茶芸について簡単に説明を受けた。
茶具のこと
茶葉のこと
などなど。。

3.JPG

では早速
飲んでみましょうか。。
ってことで
早速、目の前の茶具を使って
お茶を入れてみました。

5.JPG

店内にたどよう
中国茶の香りに。。
なんともいえず癒やされます。
「わぁ!美味しい!」

6.JPG

一つ目の
茶葉を味わったあと
次は違うお茶を煎れてみましょう!
もうひとつ違う茶葉をとり
目の前の茶具で
お茶を煎れてみました。

7.JPG

この日煎れたお茶は2種類
「文山包種茶」(台湾)と
「東方美人」
取材に行った私も知らないことが多くて
「へぇ〜。。。」って心で思いながら
楽しく取材させていただきました。

9.JPG

最後に店主から
本日の講座の〆の挨拶をいただき

9.JPG

最後に
お客様にはアンケートに
ご記入いただきました。
短い時間でしたが
中国茶芸について
茶葉の量や、お湯の温度、
おく時間によって味が変わるなど。。

貴重な体験ができ
参加者の皆さんもとても
有意義な時間が過ごせたと
喜んでいらっしゃいました。

10.JPG

私も
とても楽しかったです。。
ありがとうございました。

<取材担当/文責>
フォーレン
島崎















posted by しんたくん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報